退職前の転職準備で気を付けること

退職前の転職準備で気を付けること

退職前の転職準備で気を付けること

 

退職前に転職活動を始める場合には、色々と注意しなければならなくなります。

 

 

転職活動を口外しない

まず、周りの人間には出来るかぎり転職活動の事を言わないことです。

 

本当に信頼できる一部の同僚などであれば、転職を考えている事を打ち明ける事でサポートを受けることができるかもしれませんが、口外した相手によっては、社内で一気に話が広まってしまい、冷遇されてしまうかもしれません。

 

上層部の判断によっては解雇をされる事も考えられますが、そうなってしまえば転職活動の計画は一気に崩れてしまいます。

 

まわりに転職活動をできるかぎり口外しないというのは大切な事です。

 

 

仕事のスケジュールをしっかり管理する

そして、今の仕事を続けながら転職活動をすることとなるので、多忙になる事でしょう。

 

転職のための書類準備などに時間を取られますし、面接の際の時間の調整なども重要な事となります。

 

それらを今の仕事と平行することになるため、時間的な余裕はなくなることでしょう。

 

時間的余裕がなくなるに伴って、精神的な余裕までも失ってしまわないように注意して下さい。
精神的な余裕がなくなると、企業の選定を失敗するなどして、転職活動そのものが失敗してしまうかもしれません。

 

 

入社日と退社日の調整は最重要

そして、転職先が見つかったときには、現在の企業を退社し、新しい企業に入社する事となります。

 

退社のためには色々と段取りも必要なので、退社日の設定は重要です。
そして退社日から入社日までの期間があまりにも短ければ余裕がなくなってしまいますので、有る程度の余裕を持たせるようにしましょう。

 

特に、退社日と入社日が重なる事は避けなければなりません。

 

入社日と退職日が重なれば、二重勤務に該当します。

 

多くの企業では二重勤務を禁止する規則を設けているため、これが問題となる可能性があります。

 

転職先で入社処理をおこなう際、1日であっても2つの勤務先に在職していることが判明する可能性は高いと思います。

 

そうなれば就業規則の違反となり、処分を受ける可能性があるのです。

 

 

 

<< TOPページへ