円満退職の5つのポイント

円満退職の5つのポイント

円満退職の5つのポイント

 

退職の時には、やはりトラブルを起こすことなくやめていきたいものです。

 

なんらかのことを不満として退職する場合には、退職に際してまで嫌な思いはしたくないものです。

 

円満に退職していくためには、5つのポイントを押さえるようにしましょう。

 

 

家族にもしっかりと相談

まず、家族がいる場合には、家族にもしっかりと相談した上で退職を考えるようにしましょう。

 

退職して収入がゼロになろうとも、毎月生活費は変わりませんし、子供がいるならばきっちりと養育費は支払っていかなければなりません。

 

そのため、家族間でのトラブルなどを引き起こさないためにも、きちんと転職までの間を生活できるお金をためておくなどして、転職を家族に理解してもらうようにしましょう。

 

繁忙期を避ける

つぎに繁忙期を避けるということです。

 

会社が猫の手でも借りたい忙しい時期に、人の手がかけるようなことは絶対に避けたいものです。

 

そのようなときに退職を切り出すと、思わぬトラブルを引き起こしかねません。
閑散期に相談すると、最も円滑に、円満に退職する事ができるでしょう。

 

退職意思は口外しない

退職意思は口外しないことも大切です。

 

退職の意思があったとしても、次のステップのための準備期間は必要であり、そのようなときに口外して上司の耳にはいり、思わぬ事態に発展する事も考えられます。

 

退職を実際に上司に相談するまでは、いっさい口外しないことが大切です。

 

不満をぶつけない

そして、退職理由となった不満をぶつけず、静かに去るのが得策です。

 

たしかに色々な不満があり、ぶちまけたいと思う気持ちもあるでしょうが、それをしてしまえば円満な退職など望めません。

 

もう退職してしまえば縁は切れるのですから、ネガティブな感情は抑えて、前向きな気持ちで去りましょう。

 

転職先は明かさない

最後に、転職先は明かさないようにしましょう。

 

転職に際しては、一切の禍根を残さないために退職する職場との全ての接点を取り除くようにしましょう。

 

ただし、本当に親しかった信頼のできる同僚などには、人生を通じての友人であり続けるため、口外しないことを約束に教えるのはいいと思います。

 

 

 

<< TOPページへ