どうしても正社員になりたい!

どうしても正社員になりたい!

どうしても正社員になりたい!

 

就職の際には誰もが正社員になることを望み、親なども正社員として働いて初めて安心するものです。

 

では、なぜそれほどまでに正社員が重んじられるのでしょうか。

 

契約社員と派遣社員との違いなどを見つつ、その理由を探ってみましょう。

 

 

契約社員、派遣社員と正社員の違い

まず、契約社員、派遣社員と正社員の違いについてです。

 

契約社員

立場的には正社員に近く、企業との雇用契約を結んでいます。
ただし契約期間と金額は明確に定めた上での雇用となります。
時給ベースで働く感覚となります。期間が終わり、双方が合意ならば再契約を行うこととなります。

 

契約期限の終了が近づくと、自動的に更新する契約もありますが、その場合にも企業か労働者のどちらかが言い出せば契約終了となるため、企業にとっては切りやすく、労働者にとってはやめやすい環境です。

 

派遣社員

他社で労働をすることを前提として、派遣会社に雇用される労働形態のことを言います。

 

派遣会社は、派遣会社としての事業所の認定を受けている会社のことです。

 

派遣社員にも契約期間があるため、契約社員のように、契約期間が終了したときには同胞の意志によって再契約か契約終了のいずれかとなります。
派遣社員は通勤手当が控除の対象にならないといったルールがあるものの、通常は健康保険、厚生年金、雇用保険、有給休暇などは保証されます。

 

正社員

正社員は企業と直接雇用契約を結び、通常は福利厚生(各種手当、健康保険、厚生年金、雇用保険)が充実しています。

 

そして契約期間などは特に設けられず、長期間にわたって働く事を前提とした雇用関係になります。
また、退職時には退職金がもらえる場合が多いです。

 

倒産や人員整理といった会社の都合で退職する場合には解雇となり、すぐに失業保険を受けることができます。

 

給与は毎月固定されており、これに手当や残業代、ボーナスなどが支給されます。

 

 

正社員でない事のデメリットとしては、短い契約期間が設けられていること、退職金がないこと、ボーナスが無い場合が多い事などがあげられます。

 

 

 

<< TOPページへ