転職に有利な資格って?

転職に有利な資格って?

転職に有利な資格って?

 

転職での成功率を上げるためには、そのために有利な資格を取得しておくのがいいでしょう。
資格には実に様々なものがありますが、それら数ある資格の中から、有利になる資格を見ていきましょう。

 

 

日商簿記

簿記は、帳簿をつけるために用いる技能の事です。

 

簿記の資格を持っている人に対しては一定の需要があり、業種を問わずに求人があるのが特徴です。

 

お金の動きがある場では簿記のスキルは必須です。
そしてお金を扱わない企業は存在しません。

 

簿記は最も汎用性があり、持っていて損の無い資格です。

 

宅地見物取引主任者

通称宅建とも呼ばれる、不動産売買や賃貸の仲介をするために必要な資格です。

 

ニーズは常に高く、国家資格の中でも抜群に使い勝手のいい資格です。

 

そして国家資格の中では比較的簡単であり、初めて学ぶ人にも取得しやすいものです。
それでありながらも高い実用性を持っているため、就職の際や転職の際には大きな武器になってくれる事でしょう。

 

TOEIC(R)テスト

世界共通の英語試験であり、英語力のアピールに有効です。

 

総合的な英語能力を評価できるため、好成績を収めていると企業から注目されること間違いなしの資格です。

 

インテリアコーディネーター

インテリアコーディーターは、いわば住まいのスペシャリストです。

 

アイデアやセンスなどを活かしながら、快適な空間を作り出す仕事です。

 

この資格は活躍できる職域が広い事から、有利な資格となっています。
具体的には住宅メーカー、建設会社、デパート、デザイン事務所などの、生活に関連するあらゆる業界での活躍が期待できます。

 

社会保険労務士

この資格は労働問題や年金問題、社会保険の専門家の証です。

 

高齢化や年金不安などが騒がれている昨今の社会で、必要度が次第に高まってきている国家資格です。

 

転職に有利なのは勿論のこと、この資格を持っていることによって企業内での待遇が優遇される事もしばしばです。
企業の人事・総務部門や銀行の年金窓口などでの活躍が期待されます。

 

 

 

<< TOPページへ