転職に失敗する理由は?

転職に失敗する理由は?

転職に失敗する理由は?

 

下調べが不十分である

転職先に対する下調べが不十分であれば、転職には失敗してしまいます。

 

非現実的な期待を抱いたり、転職先の安定性をよく見据えられない事も考えられます。
また、下調べが不十分なゆえに、企業文化と自分の体質が合っていない事を見過ごしてしまう事もありえます。

 

そして募集用件を鵜呑みにしてしまう事もあります。
求人情報の内容には、優秀な人材を呼び込むために見栄を張った肩書きをしている事もあると知っておきましょう。

 

お金につられて転職する

転職の際には給与面が重要な条件となってきます。

 

いいポストや高給が企業から提示されると、それ以外の情報を企業から確認する事を忘れてしまい、本当は給与面以外では条件が良くないにも関らず、盲目的になってしまう事もあるのです。

 

現状から逃れるための転職

ステップアップのためなど、計画的にキャリアを替えていくのではなく、現在の立場に満足できずにとにかく会社を変わりたいと思って転職活動をする事は、より悪い職場へ転職してしまう事に繋がりかねません。

 

いま勤めている会社にもまだチャンスがあるかもしれないということを忘れてしまうことに気をつけてください。

 

自分を過大評価する

自分を過大評価することは禁物です。

 

自己評価が甘すぎる事によって、転職先で大変な苦労をすることもありえます。
客観的になって自分を厳しい目で見つめてください。

 

目先の事にとらわれすぎる

お金につられている事や、現状から逃れるための転職などという過ちは、目先の情報のみに影響されすぎる事が原因となっています。

 

このような短期的思考は、キャリアをつまずかせる原因となります。
必ず長い目で転職を考えるようにする事が大切です。

 

転職で過ちを犯さないためには、日ごろから自己認識力を高める事が重要です。

 

客観的に自分を見つめ、自分の強みと弱みを理解するだけではなく、自分を活かす事ができる場とそうでない場などを把握しておきましょう。

 

 

 

<< TOPページへ