転職面接の質問と回答例

転職面接の質問と回答例

転職面接の質問と回答例

 

ここでは面接の際によくある質問と回答例を記載します。これらを理想的な回答例として面接の練習に取り組むといいでしょう。

 

 

自己紹介

面接で最初に尋ねられる質問ですが、自己紹介は自明を名乗るところから初めて、自分がその企業で活かすことができる職務経歴などについて1分くらいで話すのがいいでしょう。

 

今までの職歴・経歴

ここでもできるだけ簡潔に述べます。
大切なのはその職務と経歴でどのような実績を積んできたかに触れ、その能力を活かして生きたいと伝える事です。

 

実績・成功体験

自分が前職までに積んで来た実績や成功体験を述べます。
もし営業職であるならば、前職でどのような商品をどれくらい売ったなどということを具体的な数値で示せるといいでしょう。謙虚さと前向きな姿勢があることが大切です。

 

転職理由

ネガティブな理由で転職に至ったとしても、それをきっかけとしてポジティブな思考で転職活動を行っているということを述べていきましょう。

 

この会社を選んだ理由

たとえば「御社の○○という商品の完成度の高さに非常に興味を抱いております」などと、会社の知名度とは別次元で、その企業だからこそ応募したという理由を強調していきましょう。

 

この職を希望した理由

その仕事を十分理解していることと、前職の経験が役に立つことを具体的に伝えるようにします。未経験の場合は、応募する職種と関連する技術や能力をアピールしながら、その職に就こうと思った理由を述べていきましょう。

 

現在の年収、希望年収

この質問で給与の希望額を言う際は、根拠を示すようにし、志望意欲の高い企業には、最低限欲しい給与を言うようにしましょう。
例えば、「前職で500万円もらっていたので、最低500万円は欲しいです」というようにです。

 

残業や休日出勤について

「具体的にはどの程度あるのか」という会社側の意向を聞きながら自分の要望と理由を伝え、入社後にトラブルにならないようにします。

 

入社可能時期【重要】

 就業中に転職活動をしている場合には、事前に現職の就業規則を確認しておき、引継ぎも考慮したうえで具体的な時期を回答できるようにしておきましょう。

 

逆質問【最後のアピールポイント】

逆質問は重要になります。
簡単な質問はせず、待遇面での質問も避けてください。
質問するべきは、入社までにどのような勉強をしておくべきか、仕事に対して心得ておくべき事は何か、意識しておくべき事や心がけておくべき事は何かなどを聞きましょう。

 

 

そして最後に、会社を離れるまで気を抜かないことです。

 

面接が終って一服したい気持ちはわかりますが、歩きタバコなどは特に避けましょう。

 

 

 

<< TOPページへ