面接を成功させるコツ

面接を成功させるコツ

面接を成功させるコツ

 

書類選考に見事通過したならば、いよいよ面接です。

 

書類選考でアピールできた事を正確に伝えなければなりませんが、書類選考とは違って面接では緊張しすぎてしまい、なかなかいい面接をするのは難しいものです。

 

面接を成功させるためには、面接本番に至るまでの間も重要です。

 

例えば遅刻厳禁などは当たり前の事です。

 

遅刻しないまでも、ぎりぎりでの到着も厳禁です。時間的に余裕が無い行動をすれば 焦りが生じて精神的な余裕がなくなってしまい、気が乱れていい面接ができなくなります。

 

時間に余裕を持って赴き、会場付近で一服して落ち着くくらいの余裕が欲しいものです。

 

面接を成功させる5つのポイント

こうして比較的落ち着いた様子で面接に望むわけですが、面接の際には5つのポイントを必ず守ることが大切です。

 

むしろこの5つさえ守られていれば合格に近づく事ができるので、面接に過度の緊張を感じている人は「5つだけでいいんだ」と思って5つのことに集中し、面接を成功に導きましょう。5つのポイントは以下の通りです。

 

積極的になる

面接担当官に聞かれたことのみに応えるのは消極的です。
自分が抱いている理想や情熱、アピールしたいことは積極的に伝えていくようにしましょう。ただし、伝える分量は多すぎる事がないよう、簡潔さも大事です。

 

誠実になる

誠実さがにじみ出るように、真面目さや廉潔さを感じさせる受け答えをすることが大切です。
いかにいやらしくなく自分を売り込み、自然な形で好印象を与えていくかが勝負となります。

 

ポジティブになる

転職の理由としては、前職の職場環境や待遇などに大きな不満を抱いているかもしれません。
しかし愚痴や不満は後ろ向きのものであり、ネガティブなものです。そのため、前職への不満ではなく転職してからの展望などをポジティブに伝えていくようにしましょう。

 

自信を持つ

自分のキャリアや実績、スキルなどに自信を持ってアピールしていきましょう。人より優れていると言い聞かせて、自信を持つのです。
自信家は好印象に繋がりますが、自信がない姿勢はマイナスに働きます。

 

落ち着きを払う事

緊張から焦りを生じ、早口になったりすればマイナスイメージになります。

 

 

以上の5つを大切にして、面接を成功に導きましょう。

 

 

 

<< TOPページへ