履歴書を入れる封筒から見られてる?

履歴書を入れる封筒から見られてる?

履歴書を入れる封筒から見られてる?

 

履歴書、添え状、職務経歴書などを企業に送付するときには、確かにその内容が大切なのですが、第一印象も大切です。

 

つまり、封筒から見られているのです。

 

ビジネス文書でも同じことですが、封筒こそ最初に目に留まるものなのです。

 

封筒の準備にも気を抜かないようしましょう。
社会人としての常識的な書き方で丁寧に書かれていることから選考の対象になっていると考えましょう。

 

ここで常識を欠いた書き方をしてしまえば、大きなマイナスイメージに繋がりますし、厳格な企業ではその時点で不採用となる事もありえます。

 

提出の前に、再度書き損じがないか確認して提出しましょう。

 

書類は折らない

使用する封筒は白か茶の封筒を使うのが一般的です。
そして、書類はなるべく折らなくていいサイズの封筒を使うようにします。

 

入れる書類の順番

まず中身ですが、これは添え状、履歴書、職務経歴書の順番で入れるようにします。
切手は、送り返されることが無いように、かならず郵便局で軽量して送るようにしましょう。

 

住所は省略しない

送付先の住所は、都道府県名や番地、ビル名、階数まで省略せずにしっかり書くようにしましょう。

 

企業名は大きな文字でしっかりと

そして企業名や担当者名は住所よりも大きな文字で書きます。
企業名を鰍ネどで省略しないように書きましょう。

 

部署宛て?担当者宛て?それとも?

宛名が人事部などの部署名で書く場合には、必ず末尾に「御中」とつけ、担当者名を宛名として贈る場合には「様」をつけるようにします。
特にあて先が指定されていない場合には、「採用ご担当者様」と記載します。

 

封筒表面の左下部分には、応募書類である事を示すためにも、「履歴書在中」あるいは「応募書類在中」といふうに赤字で入れるようにしましょう。

 

封筒の裏面では、密封マークを入れるのを忘れないようにし、自分の住所も番地やマンション名まで省略しないように丁寧に書くことが大切です。

 

このほかに書くコツを挙げるならば、字が書きづらくなったり、中身がしわになったりすることを防ぐためにも、書類を入れる前に宛名を書いておくのがいいでしょう。

 

 

 

<< TOPページへ