添え状作成のポイント

添え状作成のポイント

添え状作成のポイント

 

添え状とは、もともとの送付理由は応募書類を送る際に送付する内容を明らかにし、選考をお願いするための挨拶として、マナーとしての書類でした。

 

しかし最近ではその意味合いのほかに、自己PRや志望動機を簡潔に書き添えるケースが増えてきています。

 

ライバル達がそのようにしているときに、自分だけそうしなければ損というものです。

 

添え状は応募書類に自分の気持ちを添えるための書類といえます。

 

とはいえ、本来の意味である「応募書類を送る際に送付する内容を明らかにし、選考をお願いするための挨拶」としての意味合いは忘れないようにする必要があります。

 

そこを抑えたうえで書くことによって、アピールポイントが初めて活きるのです。

 

 

基本的な書き方を見ていきましょう

 

手書きにするかパソコンにするか

手書きとパソコンどちらにするかですが、非常に達筆な人であれば、手書きのほうが印象的でいいものが書けるでしょう。
しかし普通より少し上手く書ける程度、あるいはそれ以下の場合にはパソコンで書くのが無難といえます。

 

どちらでも採用するかどうかには直接関係はないものの、手書きならば白無地の便箋に黒か青のインクで書くようにします。

 

用紙はA4を用い、1枚に書くのが基本

これは職務経歴書にあわせたサイズに統一するのが基本だからです。そうすることで整理がしやすいため、採用担当者に喜ばれるものとなります。文章は簡潔にまとめてください。

 

書き方は横書きで書く

基本的に添え状はビジネスレターであるため、横書きが一般的なのです。
また、職務経歴書や履歴書も横書きなので、それに統一する事によって統一感が出ます。

 

特に、数字や英字が登場する事が多いため、横書きのほうが無難という意味もあります。

 

採用担当者をひきつける

そして最後に、採用担当者をひきつける文章を添えましょう。
内容は人それぞれですが、基本的には会社が一番必要としている人材であることをアピールする事が大切です。

 

 

 

<< TOPページへ