職務経歴書の正しい書き方

職務経歴書の正しい書き方

職務経歴書の正しい書き方

 

職務経歴御所は転職の際に企業側に提出する資料として大切なものですが、それをただ単に「今まで就いてきた仕事を把握するためのもの」というふうに簡単に考えてはいけません。

 

しかし職務経歴書は、単に必要不可欠な資料であると思ってはいけません。

 

重要性について本当に理解して作成する必要があります。

 

職務経歴書の重みは履歴書の作成に並ぶ重要性を持っています。

 

どちらも転職活動の第一関門であり、それを突破しなければ志望先を訪ねて面接を受けることもできないからです。

 

そして、いくつかのポイントを抑えて職務経歴書を作るようにすれば、大きな力になってくれます。
いい職務経歴書を作る事ができれば、転職活動は一歩目を踏み出す事ができ、成功へと近づく事ができます。

 

 

いい職務経歴書とはどのようなものでしょうか

職務経歴書に記載する事項には、どんな会社で働いてきたか、仕事内容、マネジメントの経験、スキル、転職後にやりたいことを、A4で1〜2枚のサイズにまとめて行きます。これは見易さを考えて、PCで作成するのが一般的です。

 

しかし、これらの記載事項について、単に職歴の羅列をした職務経歴書であったならば、それはいい職務経歴書とはいえません。

 

たしかに職務経歴書は自分のことを書くのですが、採用担当者の立場に立って書く必要があります。

 

企業の求めている情報を提供する

 

その意味においては、職務経歴書は自分のキャリアやスキルのみではなく、コミュニケーション能力まで見られる資料ともいえるのです。

 

具体的には読みやすさを心がけ、客観的な視点に立って書き、表現に強弱をつけた書き方をすることです。

 

つまり誤字脱字に気をつけ、多すぎず少なすぎない分量で簡潔に書くようにしましょう。

 

そして、前職でのキャリアや実績をアピールするためにも、営業実績などは数値化し、誰が見ても分かりやすいように書きます。

 

そして、キャリア・実績・スキルなどを述べるときには表現に強弱をつけて、採用担当者にプレゼンするような意識で書きます。

 

このように書くことによって、採用担当者に「この人物に会ってみたい」と思わせることができるのです。

 

 

 

<< TOPページへ