自己PRでしっかりアピール

自己PRでしっかりアピール

自己PRでしっかりアピール

 

履歴書には自己PRを書く欄があります。

 

これは自己推薦文とも言うように、自分で自分を売り込むところです。
この部分を重視している企業は多いため、是非とも充実させておきたいものです。

 

キャリアや実績をアピール

まず挙げられるのは、これまでのキャリアや実績をアピールするという事です。
これまで夢中になった仕事や、自慢できる仕事などについて書きましょう。

 

スキルや資格をアピール

次に、スキルや資格をアピールする事です。

 

今まで取得した資格があるならば、なぜその資格を取得しようと思ったのか、そしてその資格やスキルを転職先でどのように活かして行こうと思っているのかをしっかりアピールしましょう。

 

人間性のアピール

そして最後にやる気や人間性のアピールです。
仕事に対して持っているポリシー、趣味や興味などが挙げられます。

 

これらを具体的に見ていきましょう

 

例えば未経験の職種への転職の場合には、なぜ未経験の職種に就こうと思ったのかを具体的に述べる必要があります。

 

そして教えてもらう姿勢はNGです。
自ら意欲的に学んで行く事ができる勤勉さや向学心がプラスポイントとなります。

 

そして企業側があえて未経験でも採用の対象としている理由を考え、自分のこれまでのキャリア・実績、あるいはスキルや資格の中で、マッチングしそうな能力を強調するようにしましょう。

 

そのほかにあまりアピールポイントが無いならば、社会人としての基礎力もアピールポイントになります。

 

経験職種から同職種への転職を考えているならば、前職でできなかったことを述べ、それを応募先の企業で取り組んでいきたいという事をアピールしていきましょう。

 

その際には、前職への批判や不満は述べないようにします。

 

批判や愚痴は後ろ向きのものであり、それらからプラスの印象は生まれないからです。
本当に不本意な転職であったとしても、前向きな姿勢で転職する事を示しましょう。

 

そして、キャリアや実績は十分にアピールしていきたいものです。

 

そうすることによって、自分が応募先企業で短期間で戦力になれることをアピールできたならば、これは大きなプラスになります。

 

 

 

<< TOPページへ