転職理由は明確に

転職理由は明確に

転職理由は明確に

 

面接の際に聞かれることとしては、転職理由があります。

 

これは必ず聞かれることなので、転職の理由を明確にしておく必要があります。

 

社風、人間関係、仕事内容に対する不満、待遇に対する不満・・・

 

転職の理由となったものは様々でしょうが、それを明確にして、マイナスイメージとならないような伝え方をすることが重要です。

 

マイナスイメージにならない表現で

多くの場合、転職の理由はそのまま伝えてしまうとマイナスイメージとなってしまう事が多いため、言い方を工夫する必要があります。

 

人間関係ならば

例えば、人間関係が上手くいかなかったならば、それをそのまま伝えると、コミュニケーション能力の無い人という風に取られてしまうかもしれません。

 

そこで「前の職場では個人的な仕事が多かったので、チームワークを大切にしながら仕事をしていくのが得意な自分には不満に思えた」というふうに言い換えます。

 

上司にい不満があったならば

そのほか、上司の圧力や社長のワンマンを理由にするならば、そのまま伝えれば「上がわがままで・・・」といっているように聞こえるかもしれません。

 

そこで「上司やトップの経営理念に共感を抱きながら働きたい」と伝えるといいでしょう。

 

ノルマや残業に不満があったならば

ノルマの多さや残業の多さを転職の理由にするならば、そのまま伝えるとノルマが本当に過酷であったとしても、本当のところは採用担当者には分からないものですから、仕事のやり方が悪いとか、ラクをしたいのではないかと思われてしまいます。

 

また、残業は今の時代どこでもあることなので、あまり正当な理由とは受け取られないものです。

 

それらを理由にしたければ、「効率的に仕事ができる環境で、どんどん成果を出していきたい」というふうに伝えるのがプラスの印象に繋がります。

 

給与や待遇に不満があったならば

給与面などの待遇を理由にするときには「お金のことしか考えていない」というふうに捉えられないように、「実力に見合った成果が得られる環境で、働いている事への実感を大切にしながらバリバリと働いていきたい」というふうに伝えれば、「デキる人」のイメージに結びつくでしょう。

 

このように、転職の理由を明確にし、なおかつ転職の理由をプラスイメージに結びつける伝え方を考えておく事は大切な事です。

 

 

 

<< TOPページへ