履歴書って手書きがいいの?

履歴書って手書きがいいの?

履歴書って手書きがいいの?

 

履歴書は基本的に手書きと考えている人は多く、実際に手書きをしている人も多い事でしょう。

 

これは先進国の中ではすでに珍しくなっており、外人にこれを話すと驚かれるそうです。

 

むしろ手書きのほうが読みにくいではないかというのが彼らの主張です。
たしかにそれは正しい事かもしれませんが、手書きを重視する事には、良くも悪くも格式を重んじる日本人の気風が現れています。

 

とはいえ、最近では先進的な会社の中には手書きでない履歴書でも受け付けることも多くなってきました。

 

ただし履歴書は手書きであるべきものだという通念をもっている企業もあることは事実です。

 

採用担当者の個人的感情を抜きにして考えれば、PCで書くか手書きで書くかは採用にはなんら関係ないことです。

 

PCで書く場合でも手書きで書く場合にも、大切なのはやはり中身であるといえます。

 

 

PCで作成する場合は誤変換に注意

最近ではPCが主流になりつつあります。
そのほうが読みやすいからありがたいとされている風潮もあります。

 

ただし、パソコンで書くときに注意すべき事は、誤変換があると読みにくくなってしまい、悪印象を与える事となってしまうということです。

 

また、手書きで書いている場合には書き間違いに簡単に気付くのですが、パソコンで書いた場合には書き誤りに気付きにくく、そのまま提出してしまう事が多いからです。

 

普段タイピングに慣れている人ならば余り心配ないのですが、そうでない人ならば正確に打っていると思っていても誤変換などの入力ミスはおおいものですから、一度書き上げたならば数回見直すようにしましょう。

 

タイピングに慣れている人も慢心せずに見直しをするのは大切な事です。

 

履歴書は企業によって変えましょう

そして複数の企業を受ける場合には、経歴は同じ内容になっても当然の事ですが、経歴以外は受ける企業によって書き換えるようにしましょう。

 

全て同一内容の履歴書ではいけません。

 

なぜならば、企業によって求める人物像が違うからです。

 

それぞれの履歴書を、その企業の求める人物像に近づけるようにしましょう。

 

 

 

<< TOPページへ