転職を成功させる履歴書の書き方

転職を成功させる履歴書の書き方

転職を成功させる履歴書の書き方

 

履歴書というのは、就職活動・転職活動において非常に大切なものです。

 

時にはその1枚が転職を左右する事も有る、非常に大切なものという事ができます。

 

その大切な履歴書を書くときには、守られるべきいくつかのポイントがあります。これらを守る履歴書を書くことができて、初めてスタートラインに立てるといっても過言ではありません。

 

履歴書が目に留まるのは一瞬だけ

企業の採用担当者は毎日、膨大な数の履歴書を読んでいます。

 

1人にかける時間は長くても5分くらいのもので、あまり長い時間はかけられないものです。

 

そのため、文章をできるだけ簡潔かつ正確に、そして読みやすいようにキレイに書かなければなりません。
アピールできる部分は必ず記載するべきですが、それが長くなりすぎれば正確に伝わらなかったり、読まれないこともありえます。

 

履歴書には学歴や職歴を書くようになっていますが、学歴の部分では大学名だけではなく、学部名や学科名まで詳しく丁寧に書くようにしましょう。

 

できれば手書きで

履歴書は基本的に手書きで書くこととなりますが、用紙が汚れたり、間違った場合には、新しい紙に替えなければなりません。
修正ペンはNGです。

 

この履歴書を手書きで書くという風習は先進国の中ではすでに珍しいものですが、良くも悪くも格式を大切にする、日本の習慣です。

 

キレイにまとまって書き直す必要も無いからといって履歴書をパソコンなどで作成したならば、その時点で落とされてしまうこともなきにしもあらずです。

 

というのもパソコンで作成した履歴書はどれも見た目の印象が似ているため、選考の際に印象に残りにくいのです。

 

面倒でも丁寧に手書きで作成する必要があります。

 

絶対に空欄は作らない

そして、履歴書の欄でどうしても埋まらない場所があっても、何も欠かないのはいけません。

 

空欄は良くない印象を与えてしまいます。本当に何も書くことが無い場合には、「特になし」と記入するようにしましょう。

 

とはいえ、何かしら思いついたことを欠いておくに越した事は無いでしょう。

 

そして、履歴書を書いたならばコピーを一枚とって起きましょう。
コピーした履歴書は、面接対策のために使います。

 

 

 

<< TOPページへ