転職活動にもお金がかかる

転職活動にもお金がかかる

転職活動にもお金がかかる

 

転職を考えている場合、現在働いている会社が忙しい場合には、転職活動を円滑に進めることは難しいでしょう。

 

じっくり考える暇もないでしょうし、なかなか時間を割いて進めて行く事はできないものです。

 

そのような場合には、一度退職してから活動を始めるという事が考えられます。
その場合には収入がなくなってしまうため、有る程度のお金をためておく必要があります。

 

ではどれくらいの額をためておくことが必要なのでしょうか

 

 

まず、転職活動の際には

 

転職活動中の生活費
面接のための交通費や昼食代
転職先が転居が必要な場合には引越し費用

 

も必要となります。

 

この3点に困らないだけの費用が必要となるのです。

 

 

生活費を算出するためには、今までの生活を振り返って1ヶ月分の費用を割り出すといいでしょう。

 

 

交通費は現在転職を考えている地域などでの面接回数や訪問会社数からおおよその額を出す事ができると思います。

 

 

最後の引越し費用に関しては、家賃の5倍と考えておけばいいと思います。

 

これら以外にもいくつかの費用が必要になってくる事でしょうから、3点の合計に何割か上乗せした金額を用意するといいでしょう。

 

交通費や引越しのための費用は企業側で負担してくれると思っている人も少なくありませんが、実際には負担してくれる企業はそう多くありません。

 

実際にあるアンケートでは面接交通費を支給しないとしている会社は66%にも上りました。

 

そのため、企業からの援助は期待せずに自分で用意しておくのが最も確実な方法でしょう。

 

 

また、単身者の場合にはこれらのみためておけば大丈夫ですが、家族をすでに持っている人が転職活動を行うときにはよりお金が必要です。

 

家族の生活費もかかりますし、養育のための費用もかかります。
その他の雑費も何かと増えて行く事でしょう。

 

そのため、すでに家族を持っている人の場合には転職に伴ってためておくべき金額は大きなものになります。

 

転職は大きな労力が必要となるでしょうが、頑張ってください。

 

 

 

<< TOPページへ